Homeエアコン裏話

エアコン裏話

エアコン工事をどこに任せよう?メーカーはどこがいいのか?
エアコンに関して悩みを抱えていらっしゃる方、多いのではないでしょうか。
このページではエアコンに関するあれこれを、エアコン業者の視点でお教えします。
そよかぜエアコンでは、エアコンに関して、メールでの相談も受け付けています。

エアコン業者の選び方

家電量販店、専門業者のメリット、デメリット

エアコン取り付けをお願いしたらとんでもない工事をされた…
エアコン移設を任せたら、ガス漏れした…

こんな情報を目にされた方も多いのではないでしょうか。
私も実際、引っ越し時に経験があります。
同じケースで、引越し後2日目にエアコンが完全に冷えなくなりました。(T_T)
すぐに引越し業者に連絡し、別の業者さんに工事をやり直させました。

何故こんな事が起こるのでしょう?

この場合の大きな理由は、エアコン工事に不慣れな工事屋さんが工事を担当したためでしょう。
下請けの不慣れな業者さんに、マージンを差っぴいた安い金額で工事を丸投げしていたようです。

エアコン工事は、エアコン専用の工具も必要になりますし、専門知識、経験ともに必要な
難易度の高い工事です。
たまに、ご自分でエアコン取付け、取り外しをネットで仕入れた知識でチャレンジされる方
がいらっしゃいますが、これは止めた方がいいと強く思います。
取り外しはまだしも、取り付けは厳しいです。
ネットの知識のみで素人が作業すれば、経験的に言ってほぼ作業ミスを起こします。
閲覧率を上げようとしてか、工事のやり方を書いているホームページを見掛けます。
ですが、ネットの情報は基本的な事がサラッと書かれているだけです。
専門的な作業は何でもそうだと思いますが、一つの作業にいくつもの細かなコツやら
知識やらが存在します。ですから私達職人は何年もの時間を掛けて修行するのです。
お客様のお宅毎に状況は違います。基本的な知識のみで対応できるはずもないです。
工具、部材の代金、手間を考えればメリットはありません。
デメリットとしては、ガス漏れ、部材の破損等の作業ミスによる高額の修理代。
自分のエアコンがぶっ壊れた、で済めばまだいいです。
もし、電気系統のミスで感電すれば、200ボルトなら最悪死亡事故、
漏電やショートさせれば最悪火事になります。自己責任超えると思います。
最近、エアコンが原因の火災が多発しているとのニュースを目にされた方もいらっしゃるのでは。

話がそれたので戻します。
家電量販店や引越し業者でエアコン工事を頼むメリットは、手間が掛からない事でしょう。
別に業者を探す手間が省けます。
ただ、経験豊富でモラルある業者が工事を担当してくれるかは、何とも言えないところです。

専門業者に工事を頼むメリットは、工事の確実さでしょう。
エアコン工事が専門な訳ですから、経験、知識とも信頼性は高いでしょうし、
自分の会社の看板を背負っているという意識は高いのではないでしょうか。
ただ、専門業者の中にもいろいろな業者がいますし、きちんと話を聞いて自分で判断する
事が大切です。
後は、業者を選ぶ手間は当然掛かります。

料金に関してはお店や業者によってまちまちです。
安さを売りにしていてもオプション工事で割高になる事もあります。
料金体系は事前に確認しましょう。

また、あまりに相場より安い場合はリスクが高いと思った方が間違い無いでしょう。

エアコン専門業者の中からどこを選ぶか

エアコン専門の業者であればどこでもいいのか?値段だけで決めていいのか?
と言うと、これも問題があると言わざるを得ません。

エアコン業者も多数存在します。中には、まだ経験の浅い職人さんを1人で現場に放り出す業者や、
手抜きを行う業者も少なからず存在します。
私自身、実際にこれはヒドイと思う工事を何度も目にしています。

きちんとした業者をいかに選ぶか。

まず、相場よりあまりに安い料金を謳う業者は疑ってみる必要があるでしょう。
安いという事は、原価なり、人件費なり、何かを削って利益を出している訳ですから。
利益を出さなければ潰れるしかない、というのはどんな業者も一緒です。

基本料金のみ安く、追加料金がたくさんついてきて、結局割高になる場合もあります。
何が基本で、何がオプションなのか。トータルの値段で判断しましょう。
例えば、取り付け工事の場合、配管、排水ホース、電線は絶対に必要です。
この配管類の代金が別料金になっている業者も多いです。これだけで料金相当変わります。

インターネットのクチコミを参考にされる方も多いかと思います。
ですが、ここにも落とし穴があって、業者が自分のホームページに客を誘う、
サクラ的な書き込みもあります。
実際に工事を経験した人の意見を参考にするのは賢いやり方ですが、
そういった心理を突いた営業をする業者も存在する事を知って頂けたら幸いです。

あとは、電話やメールの応対、ホームページの内容がきちんとしている業者を選びましょう。
誠実さが感じられる応対をしてくれるか。工事に対する熱意が感じられるか。
具体的な工事内容を、事前に聞いてみましょう。
抽象的に、何でも出来ます!といった答えや、あやふやな答えが返ってくるようでは不安ですよね。

業者に確認すべきポイント

エアコン工事の中で、一番多い手抜きポイントは配管の真空引きでしょう。
(真空引きについては、そよかぜのお約束の中で説明しています。)
手抜きに気付いて、作業の後から「真空引きしていませんよね?」とクレームをつけても、
「やりました。」と言われると、それ以上の追求が難しい作業です。

この真空引きをシッカリ行ってもらう為に、作業前の打ち合わせの段階で真空引きを
行うのか、どう行うのか、を確認しましょう。
ここでハッキリしない、、もしくは具体的でない返事をするような業者は、怪しいと思って下さい。
作業当日、真空ポンプを見せてもらって、現場に持ってきているか確認するのもいいでしょう。
で、「真空引き作業をする前に声を掛けて下さい。」とお願いしておけば間違いないと思います。

エアコンの賢い買い方

新品エアコンの購入を検討しているけれど、何処で購入するかでお悩みの方も多いかと思います。
家電量販店の最大のメリットは、実物を自分の目で実際に確認できる事でしょう。
アフターサービスがしっかりしているといった事もあるでしょう。
あとは、販売員さんに自分の聞きたい質問を出来る事もメリットでしょうか。

デメリットは、価格が高くなる場合があります。
安く買うには、競合他店との値引き競争を頑張ってもらわないといけないと思います。

インターネット通販の場合は安さが魅力です。
価格比較サイトで安い店を探せば、最安値で購入は可能です。
ただし、アフターサービスは要確認でしょう。
また、届いた商品がイメージと違うといった事もありえるかも知れません。

最後に

参考になりましたでしょうか。
そよかぜエアコンではエアコン購入代行も行っています。
また、当社で取り付けをして頂けるお客様には、メーカー選びのアドバイスも行っています。
是非お問い合わせ下さい。

Copyright (C) そよかぜエアコン All Rights Reserved.
ページトップへ戻る