Home施工事例>室内化粧カバー取付け

室内化粧カバー取付け

各写真をクリック(タップ)して頂くと、大きな写真が御覧になれます。

新品エアコン取り付けと合わせ、室内化粧カバー、室外化粧カバー、排水塩ビ管処理、防虫処理、防振ゴムマット等のオプション処理を行った施工事例です。

室内化粧カバー仕上げ、排水塩ビ管処理の高級感を感じて頂けたらと思います。
(室内テープ仕上げの例はコチラ


室内化粧カバー1

まず、室内側です。
配管穴から段差までのクリアランスが狭く、可変長のパーツを使用しています。
アース処理も目立たないように、確実に行っています。


室内化粧カバー2

写真のエアコンは、室内機横に段差があり、そのままだと化粧カバーとの間に隙間ができるのですが、端末カバーと呼ばれるパーツを使用しているので隙間をほぼカバーできています。


室内化粧カバー3

角度を変えてもう一枚。
仕上がりの高級感は、化粧テープ仕上げとは段違いと思います。


室内化粧カバー4

室外機側の写真です。
室内機側の排水と室外機側の排水を合流させ、勾配を計算して排水用の溝に流しています。
エアコンは冷房時室内機から、暖房時室外機から排水します。
暖房時は冷房時に比べ排水量が少ない事もあり、お客様のご判断で室外機側の排水処理を行わない場合もあります。

塩ビ管の先端には、防虫処理(防虫キャップ+ネット)を行っていますので虫対策もバッチリです。

室内化粧カバー5

角度を変えた写真です。
写真では分かりにくいですが、室外機とプラスチック製台座の間(4ヶ所)に防振用のゴムマットを挟んであります。
アパートやマンションではエアコンの振動がトラブルの原因となる可能性があります。

マンションにお住まいの方は、是非他社施工の仕上がりと当社施工の仕上がりを比較してみて下さい。

    

    
Copyright (C) そよかぜエアコン All Rights Reserved.
ページトップへ戻る