Home施工事例>中古エアコン取付け

中古エアコン取付け

各写真をクリック(タップ)して頂くと、大きな写真が御覧になれます。

知り合いからもらった中古エアコンを取り付けて欲しい、という御依頼です。
合わせて室外化粧カバー、塩ビ管排水処理をオプション指定頂きました。
エアコン取付けの流れを知って頂けたらと思います。

中古エアコン1

取り付け予定位置です。前のエアコンは故障して取り外した後です。
何度か交換しているようで、ビス跡だらけです。


中古エアコン2

緑の矢印の所にボードアンカーと呼ばれる、ビスの補強材を使用しています。
表と裏から石膏ボードをガッチリ挟み込みます。
そよかぜエアコンでは、強度の弱い壁には適切な補強材を使用します。
赤い2つの矢印の所にあるのは、他の業者が使った捻じ込み式と呼ばれる
ボードアンカーです。挟み込み式より強度は劣ります。

中古エアコン3

配管穴に貫通スリーブが使用されていなかった為、入れたところです。
貫通スリーブを使用しないと、気密性低下や虫の屋内侵入のリスクがあります。
そよかぜエアコンでは、使用可能ならこの貫通スリーブを必ず使用します。


中古エアコン4
中古エアコン5

今回取り付ける中古エアコンです。
配管の断熱材がビリビリに破けてしまっています。
これではエアコンの性能低下に繋がる為、
新しい断熱材を使用しました。

中古エアコン6

室内機取付け完了です。
アース処理も確実に行いました。
(実際にはこの時点ではコンセントに電源プラグは差し込んでいません)


中古エアコン7

さあ、ここから外仕事です。
化粧カバーを取り付けます。
配管穴から窓を挟んで室外機を置く為、窓枠の上に配管を通します。

中古エアコン8
中古エアコン9

配管穴の隙間はパテでしっかり埋めます。
排水ホースを塩ビ管を通して真下に降ろします。
塩ビ管も化粧カバーの外面に合わせて
斜めにカットしました。

中古エアコン10

配管穴から下に降ろした排水を、壁沿いに排水溝まで導きます。
勾配を計算して塩ビ管を固定します。



中古エアコン11
中古エアコン12

配管を室外機と接続します。
配管に遊びを作るため、室外機後ろで配管を巻いています。
美観を考慮し、完全に室外機に隠れるようにしています。
網戸に干渉しない事も確認済みです。



中古エアコン13

真空引きを行います。真空引きについてはこちらを参照して下さい。
緑色の矢印の部分に端末カバーと呼ばれるパーツを使用しています。
このパーツが付いていないと、化粧カバーの表面が
時間と共にずり落ちてくる事があります。



中古エアコン14

排水テストを行います。
水漏れする事無く、ちゃんと排水されるかを確認します。
冷房運転で動作確認を行い、片づけをして作業終了です。


お疲れ様でした!

    

    
Copyright (C) そよかぜエアコン All Rights Reserved.
ページトップへ戻る